コラム

コラム

出生前診断を受けることができる時期はいつ?

現在の日本社会における女性の初産年齢は高くなる傾向が定着しています。従来は高齢出産と位置づけられていた30代での初の出産を迎えるというのも、珍しくなくなっています。他方で高年齢での出産はダウン症候群などの遺伝病のリスクを高めることも明らかになってきました。そこで出生前診断を受ける方が増加しています。
コラム

出生前診断の検査を受けるための条件とは

女性の社会進出が進んで、晩婚化になると共に高齢出産も増えました。高齢出産が増えるにつれて懸念されるのが、障害を持った子供が生まれてくる確率も上がるということです。今は、赤ちゃんが生まれる前にダウン症など3つの疾患に限っては、診断することが出来る時代になりました。しかし、この検査は誰でも受けることが出来るという訳ではなく、条件があります。
コラム

出生前診断の検査方法とは|具体的にどんなことをするのか

新型出生時診断というのは、マスコミが勝手に作った用語で、正式には「無侵襲的出生前遺伝子学的検査」あるいは「母体血細胞フリー胎児遺伝子検査」と言います。 出生前診断を広く言えば、赤ちゃんが生まれる前に胎児に異常がないかや、どんな様子なのかを調べることです。
出生前診断の検査にはどのくらいの費用がかかるの? コラム

出生前診断の検査にはどのくらいの費用がかかるの?

女性の晩婚化や高齢出産が増え、今までは臨床研究の1つとして行われていた出生前診断が、2018年3月3日からは一般診療として行われています。しかし、まだ保険適応にはなっていないので、費用は自己負担です。  実際に出生前診断を受ける妊婦さんは、全妊婦のおよそ2%程度というデータがあります。経済的な負担も多いので、出生前診断を受ける人が少ない一因でしょう。 では、どれくらいのお値段なのでしょうか。
コラム

出生前診断の検査の種類には疾患がわかるものと確率がわかるものがある

医療の現場で出生前診断が行われるようになってから30年余りになります。ですが実際にはそれがどういう技術でどの様に行われているのかは、あまり知られていません。たいていは胎児の障害や病気が分かるらしいという程度ではないでしょうか。