コラム

コラム

新型出生前診断(NIPT)で赤ちゃんの障害はわかる?

女性の社会進出は進んでいて、初産の年齢に関して上がっている傾向があります。35歳以上で初めて出産する人も多くなっていますが、出産年齢が上がると染色体異常などの確率が高くなることから新型出生前診断(NIPT)が注目されています。
コラム

出生前診断によって子供に危険なことがあるって本当?

出生前診断という言葉を聞くようになって久しい昨今、現在では抵抗なく受ける土壌ができています。出生前にいろいろなことがわかるのでメリットは多いですが、反面危険がある事はあまり知られていません。
コラム

出生前診断の検査の流れを知ろう

お腹の中の赤ちゃんが五体満足に健康な状態で生まれて来るかどうかは、誰もが心配なことの1つでしょう。 特に高齢出産の人は、染色体異常なども不安要素になると思います。 出生前診断の1つであるNIPTは、21番染色体異常のダウン症と13番トリソミーと18番トリソミーなどについて、赤ちゃんが生まれてくる前にその可能性あるかどうかを調べることができます。
コラム

出生前診断を受けるメリットについて

労働力人口の不足などで女性の社会進出は一層進んでおり、晩婚化や初産の年齢は上がる傾向が顕著になっています。従来は20代で出産経験を持つのが一般的でしたが、現在では35歳以上の年齢で初めて出産する事例も珍しいことではなく誰もが当事者になる可能性があります。出産年齢が上がるにつれて染色体異常の確率が高くなるので出生前診断が注目を集めています。
コラム

出生前診断の安全性|母体へのリスクについてもきちんと知ろう

出生前診断には大きく分けて2種類があります。非確定的検査と確定的検査です。このうちの非確定的のほうには母体へのリスクがありませんが、確定的検査にはわずかながらにリスクがあります。確定的のほうには羊水検査と絨毛検査があり、羊水のほうでは0.3%の確率で、絨毛のほうでは1%の確率で、破水や流産の危険性があります。