コラム

コラム

NIPTで分かるエドワーズ症候群について解説

NIPTを受けることによって胎児が生まれる前に病気や障害があるかどうかを診断することができます。新型出生前診断で調べられるのはダウン症候群、エドワーズ症候群、パトー症候群の三種類です。
コラム

NIPTの結果から知的障害を見抜くことはできるのか

子供が生まれる前の段階で、知的障害や染色体の異常があれば堕胎するという選択もできるかもしれません。しかし、生まれてしまってからではそのようなことはとても難しく、後の祭りとなってしまいます。
コラム

NIPTで偽陰性が出る可能性はあるのか

お腹に宿った命を生み出したいなら、健やかに育って欲しいと感じるのは、どの親でも同じだといえるでしょう。そして、お腹の中の赤ちゃんの状態をしっかりと把握して、育てていくための参考にしたいと考えるのも当然だといえます。
コラム

NIPTと絨毛検査は何が違うのか

生まれてくる子供に問題がある場合には、育てるのがなかなか難しいことがあります。例えば、何か障害があった場合に普通の子供と比べると注ぐ愛情同じかもしれませんが、それだけたくさんの時間をかけ育てなければいけません。そこで、生まれる前の段階で子供に遺伝子の異常がないかなどを調べる方法が必要になるわけです
コラム

NIPTとコンバインド検査の違いについて解説

出生前診断によって胎児が病気や障害などを持って生まれてしまうかどうかをあらかじめ知りたいという人は多くなりました。出生前診断には絨毛検査や羊水検査、血清マーカー試験などいろいろなものがありますが、よく注目されているものにNIPTと呼ばれる新型出生前診断とコンバインド検査があります。