コラム

コラム

新型出生前診断(NIPT)で再検査になるケースとは

新型出生前診断(NIPT)は妊娠中に行われる検査であり、妊婦さんの血液中に含まれる赤ちゃんのDNA断片を検査することで、ダウン症候群やエドワーズ症候群、パトー症候群といった特定の染色体疾患がないかを調べるものです。
コラム

新型出生前診断(NIPT)と倫理観の問題について

赤ちゃんが五体満足で健康に元気に産まれてきてほしいというのは、すべての妊婦とその配偶者の願いですが、健全にお腹の中で育っているのかは、とても気になるところです。
コラム

産婦人科以外の診療科で新型出生前診断(NIPT)を受けるときの注意点

赤ちゃんを授かったのは嬉しいけど、障害がある子どもだったらどうしようと不安に思っている妊婦さんが多いのではないでしょうか。
コラム

新型出生前診断(NIPT)が日本で拡大してきた背景

新型出生前診断(NIPT)は2013年に日本で認められました。開始直後は実施しているクリニックの少なさから、当時検査予約が取れなかったり混乱が起きたケースがあります。
コラム

新型出生前診断(NIPT)を受けるときに紹介状は必要?

新型出生前診断(NIPT)を受ける場合、基本的に紹介状は必要になります。多くのクリニックにおいて医師からの予約や紹介状が必要になり、妊娠の基本的なデータなどを確認するのに必要です。