コラム

コラム

出生前診断の検査の流れを知ろう

お腹の中の赤ちゃんが五体満足に健康な状態で生まれて来るかどうかは、誰もが心配なことの1つでしょう。 特に高齢出産の人は、染色体異常なども不安要素になると思います。 出生前診断の1つであるNIPTは、21番染色体異常のダウン症と13番トリソミーと18番トリソミーなどについて、赤ちゃんが生まれてくる前にその可能性あるかどうかを調べることができます。
コラム

出生前診断を受けるメリットについて

労働力人口の不足などで女性の社会進出は一層進んでおり、晩婚化や初産の年齢は上がる傾向が顕著になっています。従来は20代で出産経験を持つのが一般的でしたが、現在では35歳以上の年齢で初めて出産する事例も珍しいことではなく誰もが当事者になる可能性があります。出産年齢が上がるにつれて染色体異常の確率が高くなるので出生前診断が注目を集めています。
コラム

出生前診断の安全性|母体へのリスクについてもきちんと知ろう

出生前診断には大きく分けて2種類があります。非確定的検査と確定的検査です。このうちの非確定的のほうには母体へのリスクがありませんが、確定的検査にはわずかながらにリスクがあります。確定的のほうには羊水検査と絨毛検査があり、羊水のほうでは0.3%の確率で、絨毛のほうでは1%の確率で、破水や流産の危険性があります。
コラム

出生前診断を受けることができる時期はいつ?

現在の日本社会における女性の初産年齢は高くなる傾向が定着しています。従来は高齢出産と位置づけられていた30代での初の出産を迎えるというのも、珍しくなくなっています。他方で高年齢での出産はダウン症候群などの遺伝病のリスクを高めることも明らかになってきました。そこで出生前診断を受ける方が増加しています。
コラム

出生前診断の検査を受けるための条件とは

女性の社会進出が進んで、晩婚化になると共に高齢出産も増えました。高齢出産が増えるにつれて懸念されるのが、障害を持った子供が生まれてくる確率も上がるということです。今は、赤ちゃんが生まれる前にダウン症など3つの疾患に限っては、診断することが出来る時代になりました。しかし、この検査は誰でも受けることが出来るという訳ではなく、条件があります。