コラム

コラム

NIPTが受けられる病院の選び方

NIPTは現在いろいろな病院で受けることができるようになっていますが、その際、どこの病院で検査を受けるかは自分で決めたとしても問題はありません。では、実際に病院を選ぶ場合は、一体どういう点に気をつけるべきなのでしょうか、それともどこでも同じなので、選ぶ必要なんてそもそもないのでしょうか。
コラム

NIPTは誰でも受けることができる?

生まれてくる赤ちゃんの異常を調べる「NIPT(新型出生前診断)」が注目されていますが、誰でも受けることができるものなのか、という疑問を持っている妊婦さんも多いでしょう。ですのでここでは、そもそもこの診断方法はどんなものなのかや、どんな人が対象になっているのか、そしてクリニックによっても条件が変わるということについて紹介します。
コラム

NIPTを受けるメリット・デメリット

晩婚化の日本において、高齢出産の問題は切っても切れない問題ではないでしょうか。そんな高齢出産の問題を抱える日本の中で注目されているのがNIPTの出生前診断です。この出生前診断とはどういったものなのか、そして受ける場合のメリットとデメリットについて詳しく紹介しましょう。これから妊娠を考えている人は参考にして下さい。
コラム

NIPTの検査費用はどのくらいかかる?

NIPTは胎児に染色体異常があるかどうかを調べることができる検査として、2013年から日本ではおこなわれるようになりました。胎児に染色体異常のリスクがあるということが明らかになるだけでなく、出産前に胎児の状態がわかるので、妊婦や家族にその後の準備がしやすくなるなどのメリットもあります。
コラム

NIPTの検査結果の精度はどのくらい?

NIPTは、出生前診断の一種です。出生前診断とは、おなかの中にいる赤ちゃんが、遺伝子異常を持っているかどうかを、調べるための検査です。NIPTは新しくできた検査方法で、妊婦さんの血液の採取のみでおこなわれるため、妊婦さんと赤ちゃんにとっては、負担の少ない検査となります。