コラム

コラム

産婦人科以外の診療科で新型出生前診断(NIPT)を受けるときの注意点

赤ちゃんを授かったのは嬉しいけど、障害がある子どもだったらどうしようと不安に思っている妊婦さんが多いのではないでしょうか。
コラム

新型出生前診断(NIPT)が日本で拡大してきた背景

新型出生前診断(NIPT)は2013年に日本で認められました。開始直後は実施しているクリニックの少なさから、当時検査予約が取れなかったり混乱が起きたケースがあります。
コラム

新型出生前診断(NIPT)を受けるときに紹介状は必要?

新型出生前診断(NIPT)を受ける場合、基本的に紹介状は必要になります。多くのクリニックにおいて医師からの予約や紹介状が必要になり、妊娠の基本的なデータなどを確認するのに必要です。
コラム

新型出生前診断(NIPT)と胎児スクリーニング・胎児ドッグの違い

出生前診断にはいろいろな種類があり、超音波を使った画像検査や染色体疾患などに対する検査を受けることが可能です。
コラム

新型出生前診断(NIPT)と母体血清マーカー検査でわかることの違い

新型出生前診断(NIPT)が世間によく知られるようになり、保険適応ではありませんが希望する妊婦さんは胎児の先天的な異常について知ることが出来るようになっています。