コラム

コラム

NIPTと絨毛検査は何が違うのか

生まれてくる子供に問題がある場合には、育てるのがなかなか難しいことがあります。例えば、何か障害があった場合に普通の子供と比べると注ぐ愛情同じかもしれませんが、それだけたくさんの時間をかけ育てなければいけません。そこで、生まれる前の段階で子供に遺伝子の異常がないかなどを調べる方法が必要になるわけです
コラム

NIPTとコンバインド検査の違いについて解説

出生前診断によって胎児が病気や障害などを持って生まれてしまうかどうかをあらかじめ知りたいという人は多くなりました。出生前診断には絨毛検査や羊水検査、血清マーカー試験などいろいろなものがありますが、よく注目されているものにNIPTと呼ばれる新型出生前診断とコンバインド検査があります。
コラム

NIPTで医療費控除は受けられるの?

NIPTにかかる費用は決して少ないものではなく、1万円程度で簡単な検査をしてくれるところもあれば20万円以上もの費用がかかるところもあります。単独でも10万円を超える可能性があるだけでなく、他の医療も受けたという場合には医療費控除の対象になる可能性が高いのではないかと思うようになるでしょう。
コラム

NIPTではどんな仕組みで胎児の状態を調べているの?

新型出生前診断と日本語では呼ばれているNIPTの検査はまだお腹の中にいる胎児のうちに先天的な病気や障害を持ってしまっているのかどうかを判断するのに用いられる方法です。まだ生まれてもいないのに何か病気や障害を持っているのかどうかを見極められるのはなぜなのかと疑問に思う人も多いでしょう。
コラム

NIPTで陽性が出る確率はどのくらい?

妊娠しているときの母親の気持ちとしては、お腹の中にいる赤ちゃんには、健康で生まれてきてほしいと考える人が多いでしょう。かつては、そのようなことが一切わかりませんでしたが、最近は少しずつお腹の中の様子もわかるようになってきました。