認可の診療病院・クリニック

病院・クリニック名 住所 電話番号
認可の診療病院・クリニックはありません。
ホームページURL 費用 なし
対応エリア なし 対応曜日 なし
検査項目 なし カウンセリング なし
羊水検査費用保証 なし 年齢制限 なし
当日検査 なし 紹介状の有無 なし
夫婦での通院 なし 通院回数 なし

認可外の診療病院・クリニック

病院・クリニック名 住所 電話番号
エムスキンクリニック 沖縄県那覇市おもろまち4-9-10 ブギービル3F 0120-220-944
ホームページURL https://www.nipt-clinic.jp/lp/ 費用 194,400円
対応エリア 沖縄 対応曜日 水、木、金、土、日
検査項目 13.18.21番染色体、性染色体、全染色体、微小欠失 カウンセリング
羊水検査費用保証 年齢制限
当日検査 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 1回
ラジュボークリニック沖縄提携院 沖縄県那覇市松尾2-8-19ドンキホーテ国際通り店ビル5F ゆいレール牧志駅から徒歩7分 0120-710-170
ホームページURL https://nipt-info.com/okinawa/ 費用 194,400円
対応エリア 沖縄 対応曜日 月、火、水、木、金、土、日
検査項目 13.18.21番染色体、性染色体、全染色体、微小欠失 カウンセリング
羊水検査費用保証 年齢制限
当日検査 有 ※検査可能日:妊娠9週0日 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 1回

認可と認可外の違い

認可施設は現在90か所ほどしかない

日本産婦人科学会では、NIPTを実施する医療機関には産婦人科医と小児科医が常勤していて、どちらかは遺伝の専門家で十分なカウンセリングができる、ということを認可施設の重要な条件だとしています。
これらの施設では、認定遺伝カウンセラーが常勤している所が大半です。
しかし、出生前診断を受けようと思って病院のホームページを見ても、遺伝カウンセリング科や臨床遺伝科などでこの検査を行うことが多く、産婦人科のページを見ても探せないケースも少なくありません。
そして、実際に出生前診断を受けることができる認可施設も2018年5月の時点では国内に90施設ほどしかないのです。
東京は17施設ありますが、四国4県は各県に1か所ずつしかありません。
また、九州は福岡県に5か所、長崎県と熊本県に1か所ずつありますが、宮崎県や鹿児島県や佐賀県は0です。
これらの県に住んでいる人は、交通費を払って何時間もかけて隣の県まで行かなければなりません。
新潟や富山や石川や岐阜や静岡なども、各1か所ずつしか施設がないというのが現状です。

認可外施設は受診の融通が利きやすい

多くの認可施設は午前中しか診療を行っていないので、説明を受けるために仕事を休んで30分や1時間の長い時間待って、採血するためにまた待ち続け、結果を聞きに行くためにまた半日休んでと、何かと不便だと感じる人も少なくありません。
一方で、認可外施設は夕方6時まで受け付けており、土曜日も受診可能や、その日のうちに検査ができるといった融通が利くため、都合が付けやすいというのは大きなメリットであると言えます。

35歳未満でも出生前診断を受けられる

認可施設では出生前診断を受けることができる人の条件に、35歳以上という項目を設けています。
しかし、妊婦さんの立場からすると、たとえ25歳や30歳であってもお腹の赤ちゃんがダウン症になったりしないだろうか、障害をもって生まれてきたりしないだろうかという不安は同じです。
認可外施設では35歳未満であっても出生前診断を受けることができますので、誰でも不安があれば相談できるというのは心強いですよね。
東京都内にある認可外の施設では、半年間で1,000件ほど出生前診断を実施していて、そのうちの3分の1と少しの人が35歳未満だというデータもあるようです。

認可外クリニックのサービス例

認可外クリニックは各クリニックごとにサービスの特徴が異なります。
例えば、NIPT平石クリニックは以下のような特徴があります。

  • 土日でも検査可能 一度の来院で結果は最短6日で分かる
  • 検査後、陽性であった場合の羊水検査を実施するための医療機関を紹介してくれる上、検査費用も負担してくれる
  • NIPT先進国のイギリスに本社を置く検査機関と提携しているため、検査精度が非常に高い
  • 夫婦同伴や子供連れでも問診可能で丁寧に対応してくれるので相談しやすい環境である

また、認可外クリニックには共通した傾向ですが、NIPTの検査費用も高くありません。
NIPT平石クリニックの場合は、180,000円(税別)から検査を受けられます。

NIPT平石クリニック
NIPT平石クリニック
公式サイトはこちら
〒106-0032
東京都港区六本木6丁目1-26
六本木天城ビル3F
0120-220-944
午前11:00 - 14:00
午後15:30 - 20:00
木曜 休診

新着コラム

コラム

NIPTと絨毛検査は何が違うのか

生まれてくる子供に問題がある場合には、育てるのがなかなか難しいことがあります。例えば、何か障害があった場合に普通の子供と比べると注ぐ愛情同じかもしれませんが、それだけたくさんの時間をかけ育てなければいけません。そこで、生まれる前の段階で子供に遺伝子の異常がないかなどを調べる方法が必要になるわけです
コラム

NIPTとコンバインド検査の違いについて解説

出生前診断によって胎児が病気や障害などを持って生まれてしまうかどうかをあらかじめ知りたいという人は多くなりました。出生前診断には絨毛検査や羊水検査、血清マーカー試験などいろいろなものがありますが、よく注目されているものにNIPTと呼ばれる新型出生前診断とコンバインド検査があります。
コラム

NIPTで医療費控除は受けられるの?

NIPTにかかる費用は決して少ないものではなく、1万円程度で簡単な検査をしてくれるところもあれば20万円以上もの費用がかかるところもあります。単独でも10万円を超える可能性があるだけでなく、他の医療も受けたという場合には医療費控除の対象になる可能性が高いのではないかと思うようになるでしょう。
コラム

NIPTではどんな仕組みで胎児の状態を調べているの?

新型出生前診断と日本語では呼ばれているNIPTの検査はまだお腹の中にいる胎児のうちに先天的な病気や障害を持ってしまっているのかどうかを判断するのに用いられる方法です。まだ生まれてもいないのに何か病気や障害を持っているのかどうかを見極められるのはなぜなのかと疑問に思う人も多いでしょう。
コラム

NIPTで陽性が出る確率はどのくらい?

妊娠しているときの母親の気持ちとしては、お腹の中にいる赤ちゃんには、健康で生まれてきてほしいと考える人が多いでしょう。かつては、そのようなことが一切わかりませんでしたが、最近は少しずつお腹の中の様子もわかるようになってきました。
コラム一覧はこちら