認可の診療病院・クリニック

病院・クリニック名 住所 電話番号
福岡市立こども病院 福岡県福岡市東区香椎照葉5丁目1番1号 092-692-3456
ホームページURL http://www.fcho.jp/childhp/ 費用 約230,000円
対応エリア 福岡 対応曜日
検査項目 13.18.21番染色体 カウンセリング
羊水検査費用保証 年齢制限
当日検査 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 3回
久留米大学病院 福岡県久留米市旭町67番地 0942-35-3311
ホームページURL https://www.hosp.kurume-u.ac.jp/ 費用 215,000円
対応エリア 福岡 対応曜日 月、火、水、木、金
検査項目 13.18.21番染色体 カウンセリング
羊水検査費用保証 不明 年齢制限
当日検査 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 2回
国立病院機構 小倉医療センター 福岡県北九州市小倉南区春ケ丘10番1号 093-921-8881
ホームページURL http://www.kokura-hp.jp/ 費用 約210,000円
対応エリア 福岡 対応曜日 月、火
検査項目 13.18.21番染色体 カウンセリング
羊水検査費用保証 年齢制限
当日検査 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 2回
独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 福岡県福岡市中央区地行浜1丁目8番地1号 092-852-0700
ホームページURL http://www.kyumed.jp/index.html 費用 210,600円
対応エリア 福岡 対応曜日 月、水、木、金
検査項目 13.18.21番染色体 カウンセリング
羊水検査費用保証 年齢制限
当日検査 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 3回
福岡大学病院 福岡県福岡市城南区七隈7丁目45番1号 092-801-1011
ホームページURL http://www.hop.fukuoka-u.ac.jp/ 費用 191.120円
対応エリア 福岡 対応曜日 月、火、水、木、金
検査項目 13.18.21番染色体 カウンセリング
羊水検査費用保証 不明 年齢制限
当日検査 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 3回

認可外の診療病院・クリニック

病院・クリニック名 住所 電話番号
東京中央美容外科 小倉院 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-1 KMMビル1階 0120-220-944
ホームページURL https://www.nipt-clinic.jp/lp/ 費用 194,400円
対応エリア 福岡 対応曜日 月、火、水、木、金、土、日
検査項目 13.18.21番染色体、性染色体、全染色体、微小欠失 カウンセリング
羊水検査費用保証 年齢制限
当日検査 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 1回
東京中央美容外科 福岡院 福岡県福岡市中央区大名2-6-5 天神西通り館3F 0120-220-944
ホームページURL https://www.nipt-clinic.jp/lp/ 費用 194,400円
対応エリア 福岡 対応曜日 月、火、水、木、金、土、日
検査項目 13.18.21番染色体、性染色体、全染色体、微小欠失 カウンセリング
羊水検査費用保証 年齢制限
当日検査 紹介状の有無
夫婦での通院 通院回数 1回

認可と認可外の違い

認可施設は現在90か所ほどしかない

日本産婦人科学会では、NIPTを実施する医療機関には産婦人科医と小児科医が常勤していて、どちらかは遺伝の専門家で十分なカウンセリングができる、ということを認可施設の重要な条件だとしています。
これらの施設では、認定遺伝カウンセラーが常勤している所が大半です。
しかし、出生前診断を受けようと思って病院のホームページを見ても、遺伝カウンセリング科や臨床遺伝科などでこの検査を行うことが多く、産婦人科のページを見ても探せないケースも少なくありません。
そして、実際に出生前診断を受けることができる認可施設も2018年5月の時点では国内に90施設ほどしかないのです。
東京は17施設ありますが、四国4県は各県に1か所ずつしかありません。
また、九州は福岡県に5か所、長崎県と熊本県に1か所ずつありますが、宮崎県や鹿児島県や佐賀県は0です。
これらの県に住んでいる人は、交通費を払って何時間もかけて隣の県まで行かなければなりません。
新潟や富山や石川や岐阜や静岡なども、各1か所ずつしか施設がないというのが現状です。

認可外施設は受診の融通が利きやすい

多くの認可施設は午前中しか診療を行っていないので、説明を受けるために仕事を休んで30分や1時間の長い時間待って、採血するためにまた待ち続け、結果を聞きに行くためにまた半日休んでと、何かと不便だと感じる人も少なくありません。
一方で、認可外施設は夕方6時まで受け付けており、土曜日も受診可能や、その日のうちに検査ができるといった融通が利くため、都合が付けやすいというのは大きなメリットであると言えます。

35歳未満でも出生前診断を受けられる

認可施設では出生前診断を受けることができる人の条件に、35歳以上という項目を設けています。
しかし、妊婦さんの立場からすると、たとえ25歳や30歳であってもお腹の赤ちゃんがダウン症になったりしないだろうか、障害をもって生まれてきたりしないだろうかという不安は同じです。
認可外施設では35歳未満であっても出生前診断を受けることができますので、誰でも不安があれば相談できるというのは心強いですよね。
東京都内にある認可外の施設では、半年間で1,000件ほど出生前診断を実施していて、そのうちの3分の1と少しの人が35歳未満だというデータもあるようです。

認可外クリニックのサービス例

認可外クリニックは各クリニックごとにサービスの特徴が異なります。
例えば、NIPT平石クリニックは以下のような特徴があります。

  • 土日でも検査可能 一度の来院で結果は最短6日で分かる
  • 検査後、陽性であった場合の羊水検査を実施するための医療機関を紹介してくれる上、検査費用も負担してくれる
  • NIPT先進国のイギリスに本社を置く検査機関と提携しているため、検査精度が非常に高い
  • 夫婦同伴や子供連れでも問診可能で丁寧に対応してくれるので相談しやすい環境である

また、認可外クリニックには共通した傾向ですが、NIPTの検査費用も高くありません。
NIPT平石クリニックの場合は、180,000円(税別)から検査を受けられます。

NIPT平石クリニック
NIPT平石クリニック
公式サイトはこちら
〒106-0032
東京都港区六本木6丁目1-26
六本木天城ビル3F
0120-220-944
午前11:00 - 14:00
午後15:30 - 20:00
木曜 休診

新着コラム

コラム

病院から新型出生前診断(NIPT)を勧められたときに考えられる原因

新型出生前診断(NIPT)は、血液を遺伝子レベルで分析して胎児のDNAを調べる検査です。新たな出生前診断方法として実施している病院も多く、受けたほうが良いと勧められる妊婦もいます。
コラム

新型出生前診断(NIPT)の結果からよくある家族の葛藤とは

高齢出産や晩婚化のため、近年NIPTを受診する人が増えています。事前にダウン症などの障害や病気などを把握することができますが、結果によっては家族の中でトラブルが起こることも少なからずあります。
コラム

母体の年齢が高いと新型出生前診断(NIPT)のリスクは高まる?

晩婚化に伴って女性の高齢出産も増えています。高齢出産が増えるにつれ懸念されるのが障害を持った赤ちゃんが生まれる確率も上がることです。
コラム

新型出生前診断(NIPT)で赤ちゃんの障害はわかる?

女性の社会進出は進んでいて、初産の年齢に関して上がっている傾向があります。35歳以上で初めて出産する人も多くなっていますが、出産年齢が上がると染色体異常などの確率が高くなることから新型出生前診断(NIPT)が注目されています。
コラム

出生前診断によって子供に危険なことがあるって本当?

出生前診断という言葉を聞くようになって久しい昨今、現在では抵抗なく受ける土壌ができています。出生前にいろいろなことがわかるのでメリットは多いですが、反面危険がある事はあまり知られていません。
コラム一覧はこちら