コラム

コラム

NIPTで陽性が出る確率はどのくらい?

妊娠しているときの母親の気持ちとしては、お腹の中にいる赤ちゃんには、健康で生まれてきてほしいと考える人が多いでしょう。かつては、そのようなことが一切わかりませんでしたが、最近は少しずつお腹の中の様子もわかるようになってきました。
コラム

NIPTを認定施設で受けるべき理由

五体満足な身体で生まれてほしい、そうした妊婦さんの声も耳にします。そのためには、いろいろな検査を受けることもできるようです。しかし、気になるのは、お腹の中の赤ちゃんへ負担やリスクになるような検査方法ではないでしょうか。もちろん、採血のみで3つの病気を発見することもできるようで、ポイントは認定施設にあるようです。
コラム

NIPTを受けて陽性だった場合はどうすればいいの?

健康な赤ちゃんを産みたいと思うのが、多くの妊婦が思っていることです。NIPTは赤ちゃんを出産する前に、健康であるかどうかを調べるための検査です。陽性反応が出てしまったらどうすればいいのか判断がつかないという方もいるかもしれません。
コラム

新型出生前診断(NIPT)と羊水検査の違いと両方受けるときの優先順

胎児が生まれつきの染色体異常や先天性の疾患をもって産まれてこないかどうかは、重要な心配事のひとつです。
コラム

新型出生前診断(NIPT)で再検査になるケースとは

新型出生前診断(NIPT)は妊娠中に行われる検査であり、妊婦さんの血液中に含まれる赤ちゃんのDNA断片を検査することで、ダウン症候群やエドワーズ症候群、パトー症候群といった特定の染色体疾患がないかを調べるものです。