NIPTの検査結果はいつ分かる?

コラム

妊娠中に胎児の状態が気になった場合、何か異常がないかどうかなどは出生前診断を受けると調べることができるようになっています。現在ではいろいろな検査が用意されていますが、その中でも利用する人が増えているのがNIPTと呼ばれるものです。これは新型出生前診断とも呼ばれているもので、胎児に染色体異常の可能性がないかどうか調べることができるものです。ではこのNIPTですが、検査を受けたその日のうちに結果を知ることができるタイプの検査なのでしょうか、それとも結果は後日となるタイプなのでしょうか。

NIPTっていったいどういう検査のことなのだろうか

NIPTは新型出生前診断のことで、簡単に言えば胎児に染色体異常がないかどうかを調べることができるものとなっています。ただこの検査自体は非確定検査、つまり可能性を把握するための検査と位置付けられており、確定させるためにはその後、絨毛検査や羊水検査を受けなければなりません。また、この検査の大きな特徴的は、血液を採取するだけで簡単に胎児に異常があるかどうかということを調べることができる点です。検査によっては血液以外を採取しなければならないものもありますが、その方法などによってはどうしても患者の体に負担をかけてしまうものもあります。母体に対して余計な負担をかけてしまうのはできるだけ避けるほうが良いのですが、その点からいくと血液採取だけで良いNIPTは非常に魅力的な検査方法だと言えます。そのため、2013年に臨床研究として導入された検査ですが、現在ではその検査を受ける人も増えている状態となっているのです。とは言え、妊婦であれば誰でも検査を受けることができるようになっているわけではなくまずは現時点、もしくは出産予定日に35歳以上になっている人という条件があります。またそれ以外にも染色体異常となる可能性が指摘されている場合などに限っておこなうものとなっており、胎児の様子が知りたいからという理由だけで検査を受けることはできません。検査自体は10週から受けることができるようになっていますが、自由診療の扱いとなるので、全額自費というのが基本となっています。病院によっても金額は違っていますが、大体20万円程度が必要となるので、それくらいの金額の検査なのだなと理解しておくと良いでしょう。

いったいどれくらいの時間が結果を知るまでにかかるのか

検査を受けた後は、検査結果が出るまでドキドキしたり、ソワソワしたりという人は決して少なくありません。ただ、いろいろな病院でおこなわれている検査の中には、当日とか数分待つだけで簡単に結果が出るものもありますが、1週間以上の時間がかかるものもあります。NIPT自体は採血したらすぐに検査機関のほうにその血液を送って調べてもらうことになっていますが、結果が出るまでには大体1週間から2週間程度が必要です。また、この期間自体は病院によっても違っており、1週間くらいで結果を知ることができるところもあれば、2週間経過してもまだ分からないというところもあるのを理解しておきましょう。どれくらいの期間が必要となるのかに関しては、病院のほうから教えてもらうことができるようになっているので、あらかじめ聞いておくと良いでしょう。従って、1週間から2週間という数字がインターネット上にも出ていますが、これはあくまでも目安として理解しておくほうが無難です。また、NIPT自体は妊娠10週から受けることができるようになっていますが、その他の出生前診断も、実は適している時期というのがあるのをご存知ですか。もちろんその時期を過ぎたからと言って、絶対に検査を受けることができないというわけではないのですが、やはり適切な時期におこなうのが最も低リスクだと言えます。染色体異常の可能性については病院のほうからしっかりと説明してもらうことができるので、基本的には計画的に検査を受けることができるようになっています。ただ、そもそも検査は申し込みをした当日にできるものではないので、あらかじめ予約して、その日に検査を受けなければなりません。その間にも胎児はどんどん成長し、さらに受けられる検査の種類、適切な時期というのも変わっていきます。できるだけ安全に、そして母体に余計な負担をかけないようにするためにも、まずはいつ頃検査結果を知ることができるのかなど、時期・期間についてはよく理解しておきましょう。

検査を受ける場合に注意しておきたいこと

これはNIPTに限った話というわけではありませんが、その病院で簡単に調べることができる検査もありますが、検体を検査機関に送らなければならないものもあります。病院で調べることができるものに関しては、結構早く結果を知ることができ、少し待合で待つだけで良いというものもあります。しかし、多くの場合は検査結果が出るまでにはある程度の時間を必要とし、大体その期間の目安は1週間から2週間程度というのが多いと言って良いでしょう。だから、NIPTに関してもたしかに時間がある程度必要ですが、決して長くかかりすぎるというわけではないと言えます。このように、検体を検査機関に送る場合、結果が出るまでの期間は1週間から2週間というのが一つの目安となっていますが、これはあくまでも目安です。例えばゴールデンウィーク、年末年始などは病院や検査機関が休みになる可能性もあり、その場合はその休み期間中は結果を教えてもらうことはできません。もしなるべく早く結果を知りたいというときは、休みに入ってしまわないかどうかちゃんと注意しておくようにすることをおすすめします。またもう一つ注意しておきたいのが、検査機関によって病院に結果を持ってくる時間帯が違っている可能性が十分あるということです。例えば、普段午前中に病院の予約をしている人の場合、検査結果を聞くのもできれば午前中にしておきたいと考えるのではないでしょうか。しかし、検査結果が届くのは午前中、もしくは午後の場合もあり、いつも同じ時間帯ではないということも十分あり得ます。その場合、いつもと同じ時間帯に予約を取ってしまうと、まだ検査結果が届いていない可能性も出てきます。できるだけスムーズに結果を知るためにも、余裕を持って検査結果を聞きに行くようにする、これも大切なことだと言って良いでしょう。病院では、検査を受けた後にいつ頃に結果が届くということを教えてくれますが、長期休みなどを考慮せずに話している場合もあり得ます。お盆、正月、ゴールデンウィークにちょうど当たる時期の場合は、もしかしたら通常時よりも時間がかかる可能性もあるので、病院に確認しておくと良いでしょう。

NIPTは新型出生前診断と呼ばれており、胎児に染色体異常の可能性があるかどうかを把握するために利用されています。検査自体は自由なので、受ける受けないはその人が決めることができるようになっていますが、血液採取だけで調べられるので、検査を希望する人は少なくありません。病院では採血をし、その血液を検査機関に送ると後日病院のほうに検査結果が届くので、その結果を聞きに行くというのが一つの大きな流れです。検査が出るのは大体採血してから1週間から2週間程度となっていますが、この期間は病院によっても違っており、どこでも同じというわけではありません。またお盆、正月、ゴールデンウィークなどは病院や検査機関が休みに入っている可能性もあるので、余裕を持って結果を聞きに行くようにしましょう。