知っておきたい!正しい妊娠週数の数え方とは?

コラム

妊娠時期を把握するとき、「妊娠3ヶ月」など妊娠時期の目安を「月」で考えることが一般的です。しかし、妊婦健診などにでは妊娠を週数で数えます。あまりなじみのない数え方なので、妊娠中でも今何週かを聞かれてすぐに答えられないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は「週」を使う妊娠時期の把握の仕方についてご説明します。

妊娠週数ってどういうもの?

妊娠週数とは、在胎週数とも言われます。最終月経の開始日を起算日とし、週単位であかちゃんがおなかのなかにいる日数を把握する方法です。出産時期とされる40週0日目が暦のいつにあたるかを計算することで、出産予定日の算出にも用いられます。普段の生活で妊娠は「〇ヶ月」とおおまかに数えることが多いですが、妊娠週数では「〇週〇日」というように週の何日目にあたるかまで数えることが大きな違いです。

妊娠期間の把握に妊娠週数を用いる方法は世界でも広く使用されており、日本でも母体と胎児の成長の指針に妊娠週数を用いています。医師や看護師、助産師が便宜上妊娠月数を用いて話をする場面もありますが、医学的には使用しないのが一般的です。

妊娠週数はあまり聞きなじみのない数え方のため、慣れるまで違和感があるかもしれません。しかし、慣れると便利な方法です。なぜなら妊娠中の自分が今どのような時期なのか、これからどのように妊娠が進むのかを週単位で把握できるためです。

例えば、つわりのピークは8週と言われています。多くは胎盤ができてくる12週頃につわりが軽くなることが多いため、この時期は仕事をしている方が休暇を取る目安になります。もちろん全員が12週につわりが終わるわけではありませんが、つらい時期を乗り切る目標にはなるのではないでしょうか。また、20週を過ぎるとあかちゃんの胎動を感じ出す頃です。それまでは超音波などでしか確認できなかったあかちゃんの存在を体で感じることができるのを楽しみに過ごすのもよいですね。また、里帰り出産の時期の相談や産前産後休暇の把握、妊婦健診のスケジューリングにも役立ちます。

このように医学の面だけでなく日常生活にも利用できる妊娠週数ですが、妊娠週数のカウントの基準となるのが最終月経の開始日いうのは画一的すぎると感じる方もいるのではないでしょうか。

妊娠週数は4週で1ヶ月とするため、1ヶ月の実際の日数は28日となります。妊娠週数では生理は月1回=28日周期で来るという前提に立っており、それを根拠に出産予定日を40週0日としているのです。しかしそれでは生理周期が長い方や不順の方は正確な出産予定日がわからないということになりかねません。

生理不順や月経サイクルが28日ではない場合は、当然出産予定日は変わります。はじめに立てる出産予定日は暫定という扱いなのです。出産予定日が確定するのは、妊娠8週~11週頃に医師が超音波検査などであかちゃんの大きさが週数相当であるかを確認した後です。生理が順調だった場合でも、排卵日のズレが原因で修正が行われることもあります。そのため妊娠初期の出産予定日の変更は珍しいことではありません。

妊娠週数の数え方

妊娠週数の数え方の決まりは、最終月経の開始日を0週0日とすること、出産予定日を40週0日とすること、1週を7日とし、4週を1ヶ月とすることです。

最終月経が1月1日に始まったとすると、1月1日が妊娠週数0週0日、1週間後の1月7日は1週0日になります。妊娠2週が排卵日にあたり、受精後着床するのが妊娠3週です。妊娠4週に次の生理が来るはずで、生理が来ず妊娠している場合は妊娠5週に妊娠検査薬で陽性がでます。実際におなかに赤ちゃんがいるのは妊娠3週以降です。妊娠週数は妊娠がわかる前からカウントが始まりますので、0週0日は後付けのような格好になります。実際におなかに赤ちゃんがいるのは妊娠3週以降です。

妊娠期間の把握の仕方について、普段の生活では「〇か月」という数え方をしても問題ありません。その方が生活になじみがあり、家族や会社などでも話が通じやすいでしょう。妊娠初期、中期、後期の区切りも月で把握する方が判断しやすいこともあります。

妊娠初期とは妊娠1ヶ月~4ヶ月のことを指します。これを妊娠週数に直すと0週0日~15週6日です。妊娠中期は安定期とよばれるころで、妊娠5ヶ月~7ヶ月、妊娠週数にすると16週0日~27週6日となり、妊娠後期は8ヶ月~10ヶ月で28週0日~39週6日にあたります。翌日の40週0日を出産予定日です。月で把握する場合臨月は10ヶ月にあたる36週~39週6日の間を指しますが、細かく言うと妊娠週数での正期産は37週~41週6日で若干の違いがあります。

妊娠を週と月で把握するとき、若干の混乱が生まれます。妊娠週数の数え方がわかりにくくなる要因は、数え方の基準の違いです。

妊娠週数と妊娠月数、ふたつの数え方の違いは「数え年」と「満(実)年齢」の違いと同じです。七五三で例えると、まだ2歳の内に3歳のお祝いをするのが数え年です。数え年では、生まれたときが1歳となります。この名残は七五三だけでなく、厄年などにも用いられている数え方です。

現代は生まれた時を0歳としており、こちらは満(実)年齢として普段使いなじみのある数え方です。妊娠週数の開始日は0週0日ですので、数えではなく現代で使われている満年齢と同じように数えています。そう考えると、妊娠週数と月数の違いは始まりが0か1かの違いであると言えます。

妊娠週数は満で数えることを覚えておくと、妊娠週数の把握がしやすくなります。妊娠中のトラブル等で急遽受診が必要になった際、現在の週数を聞かれることがありますので、急に聞かれても困らないようにご自身でも把握しておきましょう。

妊娠週数と妊娠月数の数え方の関係

妊娠月数の把握では数えを使用していると先述しました。数えではスタートが1なので、妊娠月数では妊娠0ヶ月という言い方をしません。妊娠週数でいうと妊娠した月は0週0日~3週6日ですが、妊娠月数でいうと妊娠1ヶ月になります。妊娠2か月は4週0日~7週6日、妊娠3ヶ月は8週0日~11週6日というように、妊娠週数を4で割った数に1を足すと妊娠月数になるというわけです。

このことに関連して、妊娠から出産までの期間を示すのに「十月十日」という言葉があります。あかちゃんが生まれてくるまでにかかる日数を説明する昔ながらの表現です。しかし、実際のカレンダーで見ると9か月目に出産予定日が来ます。これはどういうことなのでしょうか。

十月十日が何日間かを考えてみましょう。1ヶ月を30日として計算すると10ヶ月で300日、10日足すと310日です。WHOでは1週(7日)×40週の280日±15日が正常な出産にかかる日数だと定めていますので、これでは日本人だけ出産に時間がかかることになってしまいます。

しかし、この十月十日にも「数え」が用いられているとすると、9か月×30日=270日+10日で、WHOの示す妊娠期間280日とちょうど同じになるのです。もちろん毎月が30日固定ではないので数日のずれは生じますが、多く見ても±15日の範囲で収まります。医学のレベルが大幅に違うはずの時代に、十月十日の感覚はかなり正確かなものだったと言えるでしょう。

まとめ

妊娠週数の数え方の謎は解けましたでしょうか。妊娠してから出産までの40週という期間は、生まれてくるあかちゃんをおなかにはぐくむ二度とない時間です。順調に妊娠が進めばよいですが、時にはトラブルが起きることもあるでしょう。つらい時は妊娠週数を確認し、今のからだの状況をよく確認しながら、一日一日を大切に過ごしてくださいね。