dna-am

コラム

病院から新型出生前診断(NIPT)を勧められたときに考えられる原因

新型出生前診断(NIPT)は、血液を遺伝子レベルで分析して胎児のDNAを調べる検査です。新たな出生前診断方法として実施している病院も多く、受けたほうが良いと勧められる妊婦もいます。
コラム

新型出生前診断(NIPT)の結果からよくある家族の葛藤とは

高齢出産や晩婚化のため、近年NIPTを受診する人が増えています。事前にダウン症などの障害や病気などを把握することができますが、結果によっては家族の中でトラブルが起こることも少なからずあります。
コラム

母体の年齢が高いと新型出生前診断(NIPT)のリスクは高まる?

晩婚化に伴って女性の高齢出産も増えています。高齢出産が増えるにつれ懸念されるのが障害を持った赤ちゃんが生まれる確率も上がることです。
コラム

新型出生前診断(NIPT)で赤ちゃんの障害はわかる?

女性の社会進出は進んでいて、初産の年齢に関して上がっている傾向があります。35歳以上で初めて出産する人も多くなっていますが、出産年齢が上がると染色体異常などの確率が高くなることから新型出生前診断(NIPT)が注目されています。
コラム

出生前診断によって子供に危険なことがあるって本当?

出生前診断という言葉を聞くようになって久しい昨今、現在では抵抗なく受ける土壌ができています。出生前にいろいろなことがわかるのでメリットは多いですが、反面危険がある事はあまり知られていません。