dna-am

コラム

NIPTの検査費用はどのくらいかかる?

NIPTは胎児に染色体異常があるかどうかを調べることができる検査として、2013年から日本ではおこなわれるようになりました。胎児に染色体異常のリスクがあるということが明らかになるだけでなく、出産前に胎児の状態がわかるので、妊婦や家族にその後の準備がしやすくなるなどのメリットもあります。
コラム

NIPTの検査結果の精度はどのくらい?

NIPTは、出生前診断の一種です。出生前診断とは、おなかの中にいる赤ちゃんが、遺伝子異常を持っているかどうかを、調べるための検査です。NIPTは新しくできた検査方法で、妊婦さんの血液の採取のみでおこなわれるため、妊婦さんと赤ちゃんにとっては、負担の少ない検査となります。
コラム

NIPTを受ける妊婦さんはどのくらいいるの?

NIPTは新型出生前診断と呼ばれるもので、胎児の状態を母体の血液採取だけで調べることができるものとなっています。血液採取自体は母体に対する負担もかなり少ないという点や、胎児の染色体異常の可能性を調べることができる点などが高く評価されています。
コラム

海外と日本で異なるNIPTの現状は?

まだお腹の中にいる赤ちゃんを調べる方法として、NIPTという検査が用意されています。まだまだ日本ではあまりおこなわれていませんが、海外ではたくさんおこなわれていることもある検査です。
コラム

NIPTを受けることで判明するパト―症候群とは

最近は、医療が発達しており出生前診断と呼ばれるものができるようになりました。人間は、生まれてくるまで性別がわかりませんが、それと同時に病気があるかどうかをお宝がわかるものではありません。